Q5で中国語の入力

    標準で装備の輸入法は以下の5つ。

  1. 笔画/筆畫(中文)
  2. 手写/手寫(中文)
  3. 拼音(简体中文)
  4. 注音(繁體中文)
  5. 拼音(繁體中文)

このうち手写/手寫(中文)は、BlackBerry Storm 2やTorch 9800ですでに搭載されていたが、当時は入力エリアでの対応だった。OS10からは全螢幕手寫となり、私自身初めての手寫を試してみた。

文字を入力したい箇所をタップする。

グレーで覆われ手書き入力画面に変わる。

文字を書くと、下に候補の文字が出る。残念ながら、ひらがなカタカナには対応していない。

簡体字・繁体字を自動認識することと、発音がわからないときには便利なので、使い道はあると思うが、入力方法が上限3個の現状では、常に入れておくのは無理がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中