海外通信回顧録(13)

2005/12 中正機場のWLAN(たいわん・ほっとたいむ 通信部から転載)

2005年12月。以前、中正機場で中華電信が提供しているWLANには、以前断念した苦い経験がある。今回ザウルスで再チャレンジした。

ザウルスに無線LANを挿して、ESS-IDを利用しない設定でネット接続をすると、すぐに電波を拾った。そのままブラウザ(Netfront)を立ち上げると、wlanのサイトに自動的につながった。

トップページの左にある「登入」をクリックすると、会員のIDとパスワードの入力画面へ移った。

入力画面下半分にはサービスを利用するための注意事項が書かれていた。その中の「非Hinet会員は利用に必要なカード購入へ」をクリック。

すると、カード購入の注意事項が書かれたページに移動したが、実際の購入方法を探しだせなかった。

ここ一番の肝心な時に、ザウルスの電池が残り少なくなったのと、PHSの64kで接続、ブラウザの動きがもっさりしているなどの理由で、これ以上解明できなかった。帰国後改めてWLANのサイトを調べてみると、外国人でも課金できるようになっていた。会員登録画面で、身分証番号の欄の選択肢にパスポート(護照)が加わっていて、外国人にも道が開けたようだ。課金もネット上でクレジットカード払いができるようだ。事前に日本で登録していけば、次は使えるのか、またの機会にトライしてみるつもりだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中