iTaiwan

2011年11月。新竹県のローカル駅・内湾駅の窓口に掲げられた「iTaiwan」サービスのラベル。

台湾では、中華電信のWi-fi(以前はWLANという名前だった)、 Wifly、 Taipei Freeというwifiサービスがあった。このうち、Taipei Freeが10月にiTaiwanと統合されて、全国規模で使えるようになった。

内湾駅では、列車に乗り込んだ後も、微弱ながらwifiを掴んでネットにつながった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中