Android端末で使える台湾語入力(2)

(1)GoogleのGboardには、ビン南語として入力方法が開発されている。

当初は、教育部のローマ字表記だけだったのが、久しぶりにみるとPOJ(白話字)と TL (臺灣閩南語羅馬字拼音方案、略称:台羅)の二つが選択できるようになっていた。それぞれ併用で二つ別々に設定も可能だ。

ちなみに、客家語入力もあり。

(2)MicrosftのSwiftKeyキーボードにも、福建語/閩南語の入力設定がある。TLでの入力しかない。入力後、漢字に変換されてしまうので、全羅の文章は打てない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中